パソコンの基礎の基礎〜もうコンピュータアレルギーと呼ばせない〜

パソコンの移り変わり

私が子供の頃、パソコンといえばPC-98でありました。
子供ながらにパソコンというのはわかったが、それはただのゲームが出来る機械にしかすぎありませんでした。
大きな機械が大きな音を出して、ゆっくりと画面がブラウン管に出てきたのを覚えています。
ちょっと洒落た人は、マッキントッシュというアメリカ生まれのパソコンを使っていました。
子供の私にはどちらも似たようなもので、生活にそれほど影響を与えることはありませんでした。
それが、徐々に変わり始めたのが、1995年の出来事でありました。
もともと機械系が得意でなかったが、ニュースで新しいパソコンが発売されたことがトップで扱われていました。
何がそんなにすごいのかさっぱりわからありませんでした。
そのパソコンが「ウィンドウズ95」という名前であることはすぐに覚えたが、それに触るようになるにはある程度のタイムラグがありました。
ある日アイロンを買いに近所の家電量販店に行ったときに、初めてそのパソコンを目にしました。
デスクトップ型で20数万円、分厚いノートパソコンで30数万円もしました。
高校出たての私には手の出ない値段でした。
おまけにCPU、メモリー、ハードディスクなどなど聞いたことがない言葉が並んでおり、チンプンカンプンでありました。
さらに、見た目は同じだが、入っているソフトで値段も違っていました。
店員に聞いたところ、文章を作るソフトが入っているが、説明書は入っていないので、本は本屋で購入しなければならないとのことでした。
それから十数年経ちパソコンの世界も大きく変わってしました。
今はパソコンがない生活は考えられません。
仕事でパソコンが使えるのは当たり前になっているし、最近ではスマートフォンやタブレット型PCを使う人がかなり多くなっています。
職場によっては脱PCと言って、スマートフォンやタブレット型で業務をこなすようになっている会社も出てきているのは驚きであります。
私もそろそろ最新のタブレット型PCでも買おうかと勉強中であります。
でも、タブッレト型は商品の移り変わりが早いので、今は買うタイミングを狙っているところです。